初七日法要を行う時期を解説

大切な方が亡くなったら、定期的に法要を行う必要があります。
法要は行う日が決まっており、最初は故人が亡くなった日から7日目に行います。
これを初七日(しょなぬか)と呼びます。

ただ、法要の行い方は地域によって風習が異なり、関西地方では亡くなった日から数えるのではなく、亡くなった日の前日からのカウントで考えることもあります。
自分の住んでいる地域でどのような数え方になっているかは、親族や近所に住む知人の方に確認すると良いでしょう。

また、最近はそれぞれの人で生活スタイルに差があり、決まった日に全員で集まることが難しくなっています。
そのため葬儀が執り行われる日と同日に、初七日の法要も合わせて行うケースも増えています。
これもどうするかは、親族で相談すると良いでしょう。

初七日法要ではどのような服装が適切か

初七日法要を葬儀と合わせて執り行うときは、喪服を着れば良いです。
葬儀の日には喪主、親族とも喪服を着るのが通例であるため、初七日だからといって特に他の服装を考える必要はありません。

また、参列者の方は喪服でも良いですが、略式喪服という簡易的な喪服を着ても問題ありません。
男性はブラックのスーツが基本で、シャツは白色が無難です。
また、小物もブラックで統一すると良く、ネクタイや靴、靴下など、全てのものを黒で統一すると良いです。

女性も同じく黒色の服を着ますが、ワンピースかスーツが適しています。
結婚指輪はつけていて問題ありませんが、その他のアクセサリーを身につけるのは葬儀・初七日法要に適さないため、避ける必要があります。

初七日を行った後には、食事をすることが多いです。
これを「精進落とし」や「お斎」と呼びます。
精進落としやお斎を用意する場合、葬儀社に依頼するのが一般的です。
精進落としを注文したい旨を伝えて、必要な人数分の料理を用意してもらいましょう。

精進落としの金額は、1人分で3,000~6,000円ほどが相場となっています。
住職の方に上座へ座って頂き、喪主が下座に座るのが一般的です。
法要が終わったあとに喪主から住職の方へ「ありがとうございました」と伝えましょう。
そして食事の準備ができていることを伝えます。

初七日法要のお布施の相場

初七日法要を住職や僧侶の方へ行ってもらうときには、「お布施」を渡すことになります。
お布施は相場が決まっており、だいたい3~5万円ほどが相場となっています。
自分たちの予算に合わせて、住職の方へお渡しする金額を決めると良いでしょう。

初七日法要は、以上のような点に気をつける必要があります。
故人の方が亡くなって初めての法要のため、手間取ることもあるかもしれませんが、前もってしっかりと流れや準備を把握すれば大丈夫です。