七七日について理解しておく

法要は定期的に行う必要がありますが、初七日の次に七七日(なななぬか)の法要を行うことがあります。
一般的に初七日の次は四十九日と考える人が多いですが、七七日法要を行うこともあるのです。

人によっては七七日の読み方が分からないこともあるため、この機会にぜひ覚えておきましょう。
このページでは七七日について、時期やマナーを紹介します。

七七日を行う時期

七七日は実は、四十九日と同じです。
7×7は49であり、四十九日を言い換えたものであることが理解できると思います。
四十九日は「四」と「九」が使われており、「死」と「苦」が連想されることもあります。
そのためこれらの数字を避けるために、七七日と呼ぶことがあるのです。

また、仏教において、「七」という数字はとても重要な意味をもっています。
故人が亡くなってから最初に行う法要は「初七日」であり、昔はそこから7日おきに故人の法要が取り行われていたのです。
最初は初七日ですが、そこから7日後に行う法要は二七日(ふたなのか)、さらに7日後は三七日(みなのか)のように続きます。
そして7週間後にあたる49日後が七七日ということになります。

このように七七日は、その意味を理解すると仏教の風習を理解することができます。
関連知識として覚えておくと良いでしょう。

ちなみに関西地方では、初七日を故人が亡くなった前日を最初の日としてカウントすることが多いです。
これは「地域によって風習が違う」というだけで終われば良いですが、場合によっては関東と関西の両地域に住む人に法要へ参列して頂くことがあるため、注意する必要があります。
関東の方が法要の日時を勘違いしてしまわないよう、きちんと確認をし合わなければいけません。

七七日法要のマナーを解説

七七日法要で親族が着る服装は、喪服が基本です。
参列者は略式喪服で大丈夫であり、男性はスーツ、女性はスーツかワンピースを着用します。
色は黒が基本で、男性の場合は白のシャツを中に着ます。

男性・女性とも、身につける小物類は全て黒で統一する必要があります。
結婚指輪は身につけていて問題ありませんが、それ以外の靴やネクタイなどは黒を選び、女性はアクセサリー類を身につけないよう注意しましょう。

七七日法要を終えた後は、参列者と一緒に食事をすることが多いです。
初七日は精進落としやお斎などの料理を提供することが多いですが、七七日では仕出し弁当などを自宅の部屋などで提供するのが一般的です。
また、七七日でお渡しするお布施の相場は、3~5万円ほどです。

七七日法要では、以上のようなマナーを守る必要があります。
しっかりと理解して、法要をしっかりと執り行いましょう。