香典は整理の仕方に気をつけるべき

お葬式を行うと困ることのひとつに「香典の整理」があります。
お葬式にはさまざまな方が参列してくれて、その1人1人から香典を受け取ることになります。
すると大きな金額になることが多く、その整理に悩むことがあるのです。

また、香典をいただいたら、「香典返し」をする必要があります。
香典返しとは「香典としてお金をくれた方のために、お返しをすること」を指します。
香典返しを適切にするためには、「誰から、いくらいただいたのか」をはっきりさせておく必要があります。

香典の整理方法と香典帳の種類を紹介

香典の整理方法としては、香典帳を利用する方法が一般的です。
香典帳の最もシンプルなものとしては、「メモに残す」という方法があります。
これはとても簡単な方法で、参列者の名簿を作成し、その方の名前の横に香典の金額を書いておきます。
すると後で見返したときに、香典返しの金額を考えやすいです。
手書きで管理をすることができるため、誰でも行うことができます。

ただ、香典返しをするときにはその方の連絡先や住所がすぐに分かると便利です。
参列者の名簿として帳面を利用する方もいますが、最近は葬儀社が「会葬カード」と呼ばれるカードを用意することがあります。
会葬カードはより香典返しをするときに便利な帳簿となっており、バインダー仕様で香典の金額で参列者の方を分類することができます。

さらに最近は、パソコンで参列者の方の管理をする人も増えています。
エクセルなど、表計算ができるソフトを使えば、簡単に参列者の方全員を管理することができます。
また、住所や電話番号など、香典返しに必要な情報を管理、変更しやすくなります。

香典返しは親族同士で協力して行うことも多いですが、ファイルとして保存すれば兄弟などが離れた場所に住んでいても、情報をやりとりしやすくなります。
最近は無料で使える表計算ソフトもたくさんあるため、利用してみるのはおすすめです。

香典袋は残しておくべき

香典をいただくときには、「香典袋」という袋に入った状態で受け取るのが一般的です。
受け取ったあとに香典袋を捨ててしまう人もいますが、香典返しを終えるまでは、袋を捨てずに保管しておくことをおすすめします。
香典返しはしっかりとマナーを守って行う必要がありますが、場合によっては香典帳の記載にミスがあることがあります。
すると大切な方への香典返しができなくなってしまうことがあるため、香典袋を保管しておくほうが安心です。
特に普段あまり会わない方から香典をいただいた場合は、香典袋を残しておくべきです。

香典の整理は、以上の点に気をつけて行う必要があります。
とても大切なことなので、前もって理解しておきましょう。