仏壇とはそもそも何なのか

家庭によっては、自宅に仏壇を置いていることがあります。
仏壇は幼い頃から目にしていることが多いですが、その意味をきちんと理解している人は、実は少ないかもしれません。

仏壇には大きく2つの意味があり、「仏様を祀っておくためのもの」と「亡くなった方の家」という意味があります。
日本では古くから、亡くなった方を「ご先祖様」として祀ることがよくありました。
これが現在まで続いており、仏壇をご先祖様がいる場所として崇めてきたのです。

仏壇は家族の方が亡くなったときに、購入する必要があります。
ただ、あまり購入する機会は多くないため、人によっては「どのように選べば良いのだろう」と悩んでしまうことがあります。
そこでここでは、仏壇の選び方を紹介します。

仏壇の適切な選び方を理解する

仏壇とひとことで言っても、実は種類があります。
その種類は大きく分けて3つに分かれており、「金仏壇」「唐木仏壇」「家具調仏壇」という3種類があります。

金仏壇はその名前の通り、金がさまざまなところにあしらわれている仏壇です。
仏壇は仏様やご先祖さまが祀られるものなので、しっかりとした造りである必要があります。
そのため金仏壇は金箔や金粉を使って豪華さを出し、仏様やご先祖さまを祀るためにふさわしい見た目になっています。

また、唐木仏壇は、質の高い木を使って作られた仏壇です。
金仏壇とは異なり、唐木仏壇の見た目は木目が強調された落ち着いた印象の仕様となっています。
使われている木は黒壇や紫壇などで、これらは銘木といわれる、非常に質の良い木です。
これをぜいたくに使った仏壇となっていることで、仏様やご先祖さまにふさわしい雰囲気となっています。

3つ目の家具調仏壇は、現代の部屋に合いやすいデザインの仏壇です。
現代の家は昔ながらの家とはデザインが大きく変わり、西洋の雰囲気を取り入れたものとなっています。
こうした部屋に仏壇を置くと、全体の統一感は損なわれてしまいやすいです。

そのため仏壇を作っている業者は、仏様やご先祖様をしっかりと祀ることができながらも、現代の部屋にマッチするような仕様の仏壇を販売しています。
家具調仏壇であれば最近の家にも合いやすく、部屋の雰囲気を損なうことがありません。

仏壇はどこに置くべきか

仏壇を置く場所は、仏教の宗派によって異なります。
例えば曹洞宗であれば南向きに置くのが一般的であり、浄土宗や浄土真宗などは東向きに置くと良いです。
仏壇は直射日光の当たらない場所に置き、湿度を避けるようにします。

仏壇を置く際には、以上のような点に気をつけて選び、設置する必要があります。
最初は慣れないこともあるかもしれませんが、紹介した内容を踏まえて進めていきましょう。