社葬とは

syasou

社葬とはなにか

会社に大きな功績を残した人が死んでしまった場合、親族の葬儀以外に会社で執り行う儀式を社葬と言います。
故人を偲んで業績に感謝して、会社全体で業績や経験を社員が引き継いでいく儀式が社葬なのです。

親族が行う葬儀と考え方は意味合いはさほど変わるものではありませんが、会社関係者以外にも業界関係者や団体関係者が参加することが多く、とても規模が大きい儀式になることが多いです。
社葬をする場合ある程度は対象者が決まっていて、会社の創業者の他に現職の会長、社長、副社長、役員、または過去にこれらの役職に就いていた人も社葬の対象になります。

会社にとって幹部クラスの人たちが社葬の対象になることが多いですが、幹部以外に多大な功績を残した社員の場合でも社葬を行うことがあります。
例外として会社の命令で業務を遂行している最中に殉職してしまった人も社葬の対象になる場合もあります。
このように幹部の人から大きな業績を残した社員など役職や年齢に関係なく社葬が行われます。

社葬と個人葬の違い

社葬と個人葬は同じものだと考えている人がいますが、社葬と個人葬では目的や趣旨が大きく異なりますので、もし同じ考えでいる人は注意しなければいけません。
親族が行う個人葬は死者を哀悼し慰安する意味があり通夜、葬儀、火葬が一般的な流れとなっています。

しかし社葬は宗教の括りを超えて故人が企業に遺した業績を称えることが社葬の目的です。
企業そのものを最大限アピールする目的もありますので、アピールすることが個人葬と決定的な違いと言っても過言ではありません。

社葬の規模と費用

社葬の規模と費用は大手の企業になれば大きくなりますし、会社の規模に関係なくても個人の地位や功績やどれだけ貢献したかによっても社葬の規模が大きく変わってきます。
費用も会社が全額負担する場合と、遺族が負担する場合がありますので、全ての社葬が会社が負担するわけではないということを理解しましょう。

会社が全額負担するケースは現職の会長や社長、代表取締役クラスの幹部が死亡した場合は社葬の費用を会社が全額負担します。
この他にも以前に役職に就いていた役員が死亡した場合オ会社が全額負担することになります。

社葬の準備や手続き

社葬は参列者も多く大規模な儀式になりますので、事前の準備や葬儀会社への手続きを問題なくこなさなければいけません。
難しい手続きで時間を割いてしまったら遺族にも迷惑がかかってしまいます。

そのようなトラブルを防ぐためにも事前に準備や手続きのノウハウを知っておく必要があります。
下記のサイトでは社葬に関するノウハウを掲載しているので併せてチェックしてください。
(参考サイト)
社葬とは|社葬の意味や定義について

上記のサイトをうまく利用しながら社葬について理解を深めていきましょう。
インターネットの時代ですからネット上で様々な情報を得ることができます。
故人のためにもしっかり社葬を執り行うようにしましょう。