納棺師の主な仕事

「おくりびと」とは納棺師のことを主に言いますが、映画「おくりびと」を通じて、その存在が世に知られるようになりました。

納棺師は、故人を安らかにお送りするという目的で、納棺に関する業務を任されている人物のことでもあります。
そのため、葬儀に関するサービスを提供している人物でもありますし、そのために特殊な技術、知識を有している人物でもあるのです。

ただ、今と昔で呼称が変化している職業でもあります。
というのも、昔は納棺師を湯灌師(ゆかんし)、もしくは復元納棺師と言われていたからです。
これは、時代によって納棺師の業務内容が違っていたため、湯灌を専門に行うのか、それとも納棺師としての業務を専門的に行うのかで変化します。
しかし、今では湯灌師、復元納棺師を1つのものと捉え、その影響で納棺師とまとめられることが増えました。

また、納棺師の業務内容についてですが、以下のような遺族、故人のつながりを重んじる業務を担当します。
納棺師は、遺体の見栄えを良くするために、ドライアイスなどを用いて内臓、もしくは体全体を冷やすという、防腐処理も業務の1つとして対応しています。
昔から良く使用されることの多い含み綿に関しても、納棺師の業務内容の1つでしかありません。
含み綿を用いることで、納棺師は巧みに遺体の表情を変えることができるのです。
納棺師の技術を用いると、悲しんでいる表情を明るいものに変えたり、厳かな雰囲気を持っている人であれば、落ち着いた表情に変えることも可能とされています。
他にも、納棺師は化粧、顔剃りといった見栄えを大きく変化する業務も担当しているため、美術的センスを用いて業務を遂行することもあります。

さらに、近年では変死体の遺体さえも、納棺師の力で目立った外傷の少ない状態へと変えることができます。
これにより、遺族のショックを和らげることができるだけでなく、気持の良い葬儀を執り行うことが可能になるのです。
他にも、納棺師は棺に遺体を納める際に、不自然な格好で棺に遺体を納めていないかチェックしてくれます。
これにより、葬儀中もスムーズに棺に対して、捧げ物を捧げることができるなど、後になって直すべき部分が少ない状況で、葬儀を執り行うことも可能としてくれるのです。

他にも存在する納棺師の仕事

納棺師は、今でも湯灌(ゆかん)の業務を行ってくれます。

湯灌とは、遺体を入浴させること、入浴させた後に特殊な方法で洗浄すること、そして、洗浄した体を清拭することです。
遺体というのは、想像以上に汚れている部分も存在し、湯灌をしないまま放置すると、嫌な臭いが体にこびりつき、中々この臭いを落とせなくなることもあるのです。

他にも、納棺師はエンバーミングと呼ばれる、死体防腐処理と言われる業務も行います。
日本の葬儀では、火葬が中心となって葬儀を行うため、エンバーミングが定着していません。
ですが、海外では今でもエンバーミングを行い土葬することで、遺体から感染症が蔓延することを防止できるため、エンバーミングを行える納棺師の役割は重要である、と判断されることが多いのです。
また、エンバーミングを行える人物のことをエンバーマーと言います。