家族葬とは

お葬式といえば、昔から不意にやって来る一大イベントでしたが、近年の社会生活の変化の中で「家族葬」という考え方が出てきました。
家族葬とはもともと、「家族中心の小規模な葬儀」という意味合いで使われ始めた言葉で、現在では「家族とごく親しい知人のみで執り行う葬儀」を意味する名称となっています。
家族葬と通常の葬儀を分ける明確なラインというものはありませんが、強いて言えば、家族葬においては参列者が皆、火葬場まで付いて行き、葬儀の全行程に参加するという点が一般的な葬儀との違いでしょう。
いわゆる、故人と格別親しいわけではないが、儀礼として顔を見せておくというような、義理の参加者は居ないか、殆ど居ないのが特徴となります。
その他は通常の葬儀とほぼ同じで、通夜、告別式、火葬、初七日法要などを少人数でもひと通り行うのが通例であるようです。
ただ、規模が違うと勝手が違う部分もあり、葬儀会場などでは家族葬に最適化した、比較的小規模な会場を用意したりという動きもあるようです。
葬儀業者自体に関しても、家族葬に最適化した「家族葬専門」という葬儀社が出てきています。
こうしたところでは、葬儀サービス内容をパッケージ化して、最初から費用を明確にしている商品などが有ります。
また、小規模に行うことが出来るということは、家族が自分たちで用意できる部分が増えるということでもあり、そうした家族葬向けのノウハウや必要な物品などを割安でパッケージにして販売している例なども有ります。
別に大規模な一般向け葬儀を執り行うということはまず無く、大体は家族葬の小規模葬儀のみで完結させるようです。

密葬を行うの意図

もう一つ、ごく小規模に行う葬儀に「密葬」というものがあります。
これは、家族葬と同じく家族やごく近しい人のみで執り行う葬儀を指していますが、密葬を執り行う理由が家族葬とは大きく異なります。
密葬を行う人は、一般参加者を招いて葬儀をするとどうしても大規模になってしまう有名人や組織の長、大会社の社長・会長などで、そうした一般向け葬儀とは別に家族と知人による、しめやかなお別れの場を設けようという意図から行われることが多いようです。
この性質上、密葬の方では通夜・告別式といった儀礼部分を省いて火葬までを行なってしまい、通夜や告別式は後日、一般の参列者も招いて別に執り行うということがよく見られます。
また、密葬だからといって小規模なるとは限らないのも特徴で、数百人の参加だが儀礼を省いて密葬ということはあり得ます。