一般的な法要

お墓参りと関連して覚えておきたいのが、初七日や四十九日、一周忌、三回忌といった忌日法要の存在と意味です。
四十九日まではともかく、一周忌や三回忌はそれに合わせてお墓参りをすることも多いので、頭に入れておいたほうが良いでしょう。

まず、仏教説話によると亡くなられてすぐから故人は黄泉路を歩き、三途の川に到達すると言われます。
それにかかる期間が七日間であるとされ、その三途の川を渡りやすいようにと法要を行うのが「初七日法要」となります。
とは言え、現在はこの初七日を告別式と同日、火葬後すぐに行うことが多くなっています。
この後、7日ごとに順番に閻魔大王の裁きを受け、地獄や極楽、転生などの処遇が決まっていくとされています。
これを「二七日」「三七日」「四七日」「五七日」「六七日」として、法要を行いますが、現在では省略されることが多く、行われたとしても遺族と僧侶のみの簡素な法要であることがほとんどです。
そして、「七七日」に当たる「四十九日」にて故人の行先は完全に決まるとされ、一応の区切りとなります。
四十九日も大体は遺族・親族のみの簡素な式であるのが普通です。
この四十九日法要をもって「忌明け」とされ、食事会などが催されるのが伝統的な法要です。

一周忌と三回忌

続いて区切りとなるのが「百か日」となりますが、これは遺族側の区切りの日であり、法要は行わないことも多いようです。
更に時間が経過して、命日より一年が経つと「一周忌」が行われます。
意義としてはやはり故人の後生善処を祈る法要ですが、実際のところは遺族や親族、知人が集って故人を偲ぶという側面が強いと言えます。
亡くなった直後の葬儀ではドタバタしていて十分に故人を偲ぶことが難しかった場合でも、一周忌法要であれば、時間や気持ちにも余裕が出ていますので、故人を偲んだり気持ちを整理したりという事が大いに期待できます。

さらに、命日より3年目には「三回忌」が行われるのが一般的です。
こちらも意義としては故人の冥福を祈る法要なのですが、やはり遺族・親族のための会合という性質がかなり強くなります。
また、これら年忌法要のタイミングではまず確実に遺骨は墓地に収められていますので、大体はお墓参りも兼ねて行われることになります。
さらにこの後行われる「七回忌」や「十三回忌」は日本独自の風習であり、地方によってはそもそも存在しない場合もあります。
いずれにしても、このあたりの法要になりますと、お墓参りがメインになるといっても過言ではなくなります。

(参考サイト)
法事・法要・四十九日がよくわかる
年忌 Wiki