民営墓地とは

寺院が管理・運営しているのが寺院墓地で、地方自治体が管理・運営しているのが公営墓地なのに対し、民営墓地とは、公益法人や宗教法人の中でも宗教・宗派不問として販売されている墓地のことです。
管理・運営は、財団法人などの公益法人または宗教法人がしています。

民営墓地のメリットは、基本的に宗派などを問わずどの宗教でも利用できることの他に、申込資格の制限が緩く、条件が特になかったり、いつでも申し込めたりすることです。
例えば、寺院墓地の場合、その申し込む寺院の檀家になる必要がある場合がありますが、民営墓地の場合では、そういった入壇の必要がありません。

デメリットは、公営墓地に比べると、永代使用料や管理費が高めに設定されている点でしょう。
その代わり、民営墓地は管理棟や休憩スペース、売店などといったお参りする人のための設備が充実しているところが多いです。
その充実したサービスを維持するため、公営墓地に比べ割高感があります。

また、お墓を購入して建てる際、石材店が指定されていて選択できないかもしれません。
ほとんどの墓地が指定石材店制度を導入しているからです。
このようなことから、民営墓地でお墓を建てるならば、申し込み先の民営墓地が指定している業者から選択することになります。

民営墓地を選ぶポイント

民営墓地は、郊外の広い土地にあることが多いようです。
そのため、寺院墓地や公営墓地に比べ、交通のアクセスが不便なところがあるようです。
選ぶ際には、墓地の場所、行くまでに掛かる時間、交通手段など、立地や交通のアクセスは考慮した方が良いでしょう。

公共の交通手段が乏しくても、自家用車で行くことを考えているならば、駐車場を完備しているかどうか確認した方が良いです。
民営墓地によっては、送迎バスを運行しているところもあるようです。

ただし、郊外の広い土地にある分、墓地を建てる土地を習得しやすいという面もあります。
墓地区画が埋まるまで、新規募集を随時行っているところもありますし、墓地内の空いている区画から、希望地を決め、複数の区画から比較検討することもできます。

民営墓地では、区画の面積、石の大きさ・デザインが自由に選べるところがあります。
生前にお墓を建てる寿陵も認められています。
宗教・宗派不問ですし、公営墓地では難しいデザイン墓地も、民営墓地では建てられる場合があるので、自分にとってどのようなお墓がいいのかを予算の兼ね合いも考えながら決めていくと良いでしょう。

懸念としては、寺院が運営する寺院墓地や、地方自治体が運営する公営墓地に比べて、永続性に不安があるところがあります。
霊園が倒産してしまう可能性がないわけではありません。
そのため民営墓地を経営できる団体は、公益法人などの非営利団体に限られています。
宗教法人から運営委託されて、民間が管理・運営しているところもありますが、この場合は、事業主はあくまで宗教法人です。

それぞれの民営墓地によって、管理や運営には差があります。
墓地内の施設の利便性(管理棟、休憩スペース、トイレなど)や、墓地が良く管理されているかそうでないかも、事前にしっかり確認したほうが良いでしょう。