亡くなった人のお骨を自然に返す

樹木葬という言葉を聞いたことがある人は少ないと思います。
樹木葬とは、遺骨を土の中に埋め、その人がここに眠っているということが、分かるように何らかの目印をたてておく自然葬のひとつです。

樹木葬では、遺族が故人の遺骨を近くに置いておきたいからといって、家の近所などに好き勝手に埋葬した場合は、死体遺棄などの法律に引っかかる場合もあります。
ですから、埋葬する場合は決められた場所でするのが主流です。

樹木葬は、里山型樹木葬と公園型樹木葬(またはシンボルツリー型樹木葬)の大きく分けて2つの種類があります。
里山樹木葬の場合は、故人一人ひとりに樹木が与えられ、その下に、故人が眠ることになります。
同じ区域に複数人埋葬するパターンもありますが、その場合は、ちゃんと一人ひとりに樹木を植えられるスペースが与えられます。

公園型樹木葬の場合は、ひとつの樹の下に複数の故人が眠ることになり、合同墓地に似ているといえます。
里山型樹木葬と公園型樹木葬の2つの樹木葬の違いは、1人にひとつ樹木が植えられるのか、それとも、樹木1本に対して複数人が埋葬されるかということにあります。

どんなお墓をたてるかによって、費用が変わってきますが、樹木葬も里山型樹木葬、公園型樹木葬のどちらを利用するかによって、費用が変わってきます。
また、葬式会社のプランによっても樹木葬の費用の値段が変わってきます。
里山型樹木葬の場合、おおよその費用は30万円~90万円くらいであり、埋葬する場所によって費用が変わってきます。

人間以外も埋葬可能

樹木葬では、人間の遺骨以外にも、ペットの埋葬が可能となっているところもあります。
例えば、飼っていたペットよりも、ご主人の方が先に亡くなってしまった場合、またはその逆に、ペットのほうがご主人よりも先に死んでしまった場合でも、ペットと人間を同じ場所に埋葬する事も可能です。
また、ペット専用の樹木葬を行っているところもあります。

ペットの樹木葬は埋葬料や使用料などを合わせて、20万円~60万円程度となっています。
ペットの樹木葬では、管理費など、埋葬後にもお金がかかる事もあるので注意が必要です。

樹木葬のメリット

樹木葬のメリットは、石墓と違い、お墓自体が樹でできているため、石墓に比べてお墓の手入れが楽というメリットがあります。
さらに、共同墓地と同じように、樹の手入れを行ってくれる管理人もいるので、わざわざ自分で樹の手入れをしなくてもすみます。

墓石の代わりに樹木を植えるため、お墓を作るための土地を切り開かなくてもすみますし、環境にもいいということもあって、最近は樹木葬を選ぶ人も増えてきています。
そして、樹木葬は、他の葬儀方法に比べると、費用が安く済むというメリットもあります。