寺院墓地

立地条件が良い寺院墓地が多い

寺院墓地のメリットは住職が近くにいることで、永代供養や墓の管理をしっかりしてもらえるということでしょう。
地域に密着した寺院墓地が多く、立地条件が良い場所や家の近くの墓地を選ぶことも可能になってきます。

そのため、近所のお寺にお墓を建てたいと言う方も多くいるようですが、立地条件の良さから空きがあまりないというのがデメリットでもあります。
また、都市部に近いこともあって永代使用料が高いという難点もあります。

忙しくて先祖の供養を日頃からするのは難しいという方は、郊外にあるような民営墓地などより寺院墓地の方が定期的にお墓参りに行きやすいと思います。
お寺の境内に墓地があるので、お寺で法要を行ってすぐにお墓参りが出来てしまう便利さもいいところです。

寺院墓地の現状

民間墓地と違ってお寺の住職が経営しているので、住職によってサービスにばらつきがあります。
墓地の使用権を取得する場合、住職との面談が必要なお寺が多いようです。
寺院墓地でのトラブルを避けるためにも住職と良く話し合って、考え方を良く聞いてからお寺を選ぶようにした方がいいようです。

檀家になると頻繁にお寺に行く必要があるように考えがちですが、年に2回のお彼岸や盆、暮れにしっかりお墓参りをするようにすれば問題ないようです。
最近では宗派不問というお寺も増えてきて、そういうお寺の場合、檀家にならなくても良いという意味だそうです。

檀家になるのが面倒で寺院墓地離れが進んでいる地域もあります。
宗派を問わずに受け入れてくれる寺院墓地も増えてきているそうです。
しかし、宗派不問の意味は、申込みの時の宗派は問わないが、契約した後に改宗の必要があるという意味のお寺もあるようなので注意が必要みたいです。

寺院墓地にかかる費用

寺院墓地は檀家になることが必須な場合が多いので、入檀料が必要になるお寺もあります。
お墓を建てる費用は入檀料以外にも永代使用料と管理費、墓石代があります。
墓地というのはその土地を買うわけではなく、その土地を子や孫の代以降も受け継いでいく永代使用権を取得するということです。

民営墓地は10年~20年で使用料の更新を行う必要がある場合もありますが、寺院墓地は管理費を払えば永久に使用できますし、倒産することもない部分はメリットだと思います。
管理費以外にも寺院墓地では護持会費というものがあり、檀家全員が一律の金額を払いお寺の維持を支える費用を払う必要があるようです。

寺院墓地の場合、檀家になると定期的にお布施や寄付が必要になってくるので、民営や公営の墓地と違いかなりの費用がかかってしまうようです。
檀家にならなくてもお寺にお墓を建てることは可能なお寺もあるようですが、檀家になっておくほうが手厚く供養してもらえますし、繁忙期でも優先して対応してくれるようです。
費用はかかりますがお寺にお墓を建てる際には、檀家になることでメリットが大きくなるようです。