納骨の流れ

高い倍率の抽選を突破するか、運良くひっそりとした新規募集にタイミングを合わせられるか、先祖代々の墓が付近にあるか、いずれかの理由で無事納骨するお墓を確保できたのなら、いよいよ葬儀全体で最後となる納骨です。
日本式の墓地は、大体の場合地上に目印兼記念碑として墓石が建てられていて、その地下部がちょっとした空間になっており、骨壷を収めることができるようになっています。
地方の家で、先祖代々の墓を直接遺族が管理しているというような状況であれば、特に手続き等は必要なく、骨壷をそのまま墓石の下に収めて終わりです。
ただ、何も儀式をしないというのは寂しいので、大概は近くのお寺などに依頼して納骨式といったものを行います。

また、墓地として多いパターンとしては、自分の家が檀家になっているお寺の墓地にて納骨、管理をお願いするパターンです。
この場合は代表者と遺族が遺骨を持ってお寺に行き、納骨を依頼して納骨式を行います。
こういうお寺がある家の場合、葬儀もそのお寺の僧侶に頼むでしょうから、申し込みというか話はその時点でついていることが多いでしょう。
いわゆる墓地の管理費や納骨関連の費用は、お寺によって実にいろいろです。

納骨する際に必要なこと

次に、公営・民営の墓苑・霊園の墓地に納骨するパターンがあります。
現代のように都市に人口が集中している状況では、こちらの割合が大きいでしょう。
都立霊園を参考にしてみますと、まず新規使用者募集に応募して、使用権を獲得している必要があります。
都立霊園の場合、施設の維持管理費を毎年収めることが使用条件となっています。一般的な墓地の場合、1平方メートルあたり620円/年となっていますので、年間4~5千円の管理料が要ると考えておけばよいでしょう。
その上で、身内が亡くなったときは火葬までを終え、納骨できる状態になったら、確かに火葬をした遺骨であるということを証明する意味で火葬許可証と、使用許可証(使用権獲得時に交付されます)を持参して納骨を申し込みます。
原則として納骨を行えるのは使用者の3親等以内の親族であり、それより遠い親族や他人の場合は、別途「確認書」が必要になるそうです。

(参考サイト)
都立霊園公式サイト

また、今述べたのは新規で埋納する場合の手続きであり、別の墓地から遺骨を移動してくる(改葬)場合には、火葬許可証に変わって改葬許可証が必要になります。
改葬許可証は、現在埋納されている墓地がある市区町村の役所にて手続きをしますので、遠隔地の場合注意が必要です。