kangoke

旅立ちのために持たせるもの

火葬をする前には亡骸を棺桶の中に入れることになりますが、このときには一緒に亡くなった人に天国に一緒に持って行ってもらいたい品物などを入れることもできます。
仏葬の場合には人は亡くなったあとには三途の川の前にゆき、そこで渡し賃を支払って反対側の岸に連れて行ってもらうということになっています。
渡し賃はかつては六文銭といって昔の金銭の単位で換算されていましたが、今現在では穴の空いたお金を使って代用することとなっています。
宗派によっては本物の貨幣は使わずお金に模した模型や紙などを入れることもあります。
一般的には白い布で作った袋の中に5円もしくは50円を6枚入れることでこの代わりをします。
場合によっては六文銭に足してあの世に行った時にお小遣いとして何枚か多めに入れてもよいことになっています。
しかし本来硬貨は完全に灰にならずに燃え残りとなってしまうので、お骨と一緒に燃やすのは好ましいことではないとされています。
硬貨は儀式的なものであるので少々のことはよいのですが、あの世への旅立ちのために持たせるものとしてはこのように一緒に燃やすことで燃え残りになるものは入れてはいけないこととされます。

お棺にいれてはいけないもの

具体的には、金属を含む機械類といったいわゆる「燃えないごみ」として分別の対象になってしまうようなものです。
よくありがちなのが、結婚指輪や大切にしていたアクセサリーといったものはいくら故人にとっての思い出の品であっても一緒にお棺にいれてはいけないこととなっています。
ほかにもプラスティック製品やペットボトル、液体類は入れてはいけません。
どうしても一緒に埋葬をしたいということであれば、一緒にお棺に入れて火葬をするのではなく、白骨の状態になったあとで骨壷に入れるといった方法をとります。
また故人へのメッセージや人形など燃えるものは入れてもよいものの、あまりにも分量が多すぎるのも問題です。
辞書や百科事典のような大きな書物も燃えにくくなってしまうので、冊子の場合はせいぜい2cm程度の厚さのものにとどめておくようにしましょう。

他にも燃えるということでは問題はないのですが、故人が家族と一緒に写っている写真などは縁起という面で少々避けておいた方がよい品物となります。
故人があちらの世界に行ったときに眺めるためという意味なのでしょうが、考え方によっては一緒に連れ立って行くというふうにも捉えられるからです。
もちろん一緒に写っている人が十分に納得してのことであればよいのですが、そこに写っている人には念のため了解をとっておいたほうがよいでしょう。