スペインでは土葬が一般的

日本では良く火葬が見られるため、海外でも火葬が根付いているもの・・・と思ってしまいますが、そのような国ばかりではありません。
海外では、ロシアなども土葬が一般的とされていますし、これはヨーロッパ全体で見渡しても同じなのです。
スペインの場合、スペインの葬儀で土葬が多いのは、それはカトリックのキリスト教が多いからです。
スペインに住んでいる人のほとんど(約75%)は、カトリックのキリスト教とされていますので、死者を土葬するのが一般的である・・・という考えが、今でも根強く残っているのです。

ただ、スペインの葬儀事情は常に変わってきているため、今では火葬も見かけるようになってきました。
昔に比べて、葬儀に関する思い入れが変化してきているため、葬儀に対して自分らしさを主張する人も増えているのです。
お亡くなりになる前に、今までの葬儀とは違った葬儀を指定される人もいますし、流行を意識して火葬を選択する人も増えています。

ちなみに、スペインの葬儀では服装の指定が存在しません。
そのため、派手すぎない格好であれば問題なく、近年では、黒色を意識して服装選びを行っている人も減ってきています。
ただし、葬儀に対して服装の指定があった場合は、服装の指定を意識して服装選びを行ったほうが良いでしょう。
服装の指定は、故人の遺言の影響で決まったり、もしくは遺族の一存として決定することがありますので、このようなスペインの葬儀事情も理解していると、スペインの葬儀で迷惑をかける可能性が小さくなります。

それと、スペインの葬儀は葬儀場(タナトリオと呼ばれます)に遺体を運び、遺体は亡くなられてから24時間~48時間以内に埋葬する必要があります。
こちらは義務付けられているので、守らなければいけない葬儀場のしきたりでもあるのです。
また、遺体を運ぶ際は葬儀コーディネーターの力を借りることが多く、葬儀の規模によっては、葬儀内容のほとんどをコーディネーターが取り仕切るケースも存在します。

補足となりますが、スペインの葬儀では埋葬にも厳密なルールが存在します。
そのため、自然死の場合は2年間、そして伝染病などで亡くなった際の遺体は、6年間で発掘することが禁じられているというルールも存在するのです。

葬儀費用が不透明なスペイン

スペインの葬儀では葬儀費用が定まっていない傾向にあります。
まず、埋葬方法によって費用が変わります。
火葬よりも土葬のほうが割高な料金となっているため、近年の葬儀においては、土葬よりも火葬を選択する人が増えつつあるのです。
また、同じ土葬を選択しても、地域によって葬儀費用が異なるという特徴もあります。