3日葬(サミルチャン)が有名

韓国ならではの葬儀の特徴として、3日葬(サミルチャン)というものがあります。
3日葬とは、その名の通りで3日かけて葬儀を行うというものです。
ただ、あくまでも有名なだけなので、今では3日葬ではなく、2日葬で葬儀を終えてしまうこともあります。

3日葬の流れですが、以下のような細かい順序に沿って葬儀が進行します。
まず1日目ですが、臨終後に胡人に対して新しい服を着せます。
そして、白い布団や布を被せるという手順になっているのです。

さらに、遺影の両脇にはロウソクを立てて、さらに香を焚くという流れになっています。
その後、自宅の門、もしくは玄関に対して喪中の紙を貼り付けます。
紙を貼り付けた後は、謹弔と書かれている提灯(ちょうちん)を家の前、もしくは門の前に下げる必要があるので、次はその作業を行って、葬儀の用意を整えていきます。

また、韓国の葬儀では葬儀の担当者を決めることも有名です。
葬儀の担当者とは、各種申告を担当する者、訃報などの案内を行う者、そして出納記録を取るものに分類されます。
これらの対応のみで1日目が終わり2日目に突入します。

2日目は、故人の身体を清めることから始まります。
清めた後は、寿衣という日本の葬儀で見かける死装束を着せて、掛け布で覆うという作業も必要になり、さらに故人の口に水を含ませてから、米を入れる必要があるのです。
そして、死後24時間経過後に故人を棺に納める必要があるので、その作業も忘れてはいけません。

また、棺に故人を入れる際は、故人が大切にしていたもの、もしくは故人の信仰に関するものも棺の中に入れることが多いです。
例えば、聖書、数珠などを棺に入れることが多く、このようなものも棺の中に入れて問題ありません。
これらの作業を終えてから、続いて棺の前に屏風を立て、その前には黒いリボンをかけた遺影を置きます。
遺影の両側にロウソクを立ててから、さらに香を焚くのも忘れてはいけません。
そして、遺族たちは喪服を着用し、弔問客を迎え入れる準備を行います。

3日目は、チェサと言われる祭祀により告別式を行います。
そして、この後ようやく出棺となるのです。
埋葬地まで棺を移送し、その後は墓穴に棺を入れてからお供えをすることで、韓国の葬儀は終了となります。
ただ、棺に対して土を盛る際は喪主が3回土を盛ってから、土を盛り上げて墓を作るという流れになっています。
韓国の葬儀では儒教を重んじているので、これらの作業は1つたりとも欠けてはいけません。

他の国と比較して経済的負担が強い

韓国の葬儀ですが、葬儀費用が他の国と比較してかなり高いという特徴があります。

というのも、平均して1650万ウォンというケースが珍しくないからです。
日本円に換算すると約170万円となるのですが、韓国の方もこのような葬儀費用に関しては、昔から経済的負担が高いと感じている状況にあります。