イタリアの葬儀は見た目にも美しい葬儀が多い

イタリアは他の国と比較して、独特なデザインを元にして葬儀を行うことが多いです。
というのも、イタリアの葬儀中は全体的に明るいデザインを良しとしているからです。
例えば、イタリアではキャンドルを軸にして、少しでも明るい葬儀を行う習慣があります。
このような光源を用いることで、葬儀そのものの暗さが目立たつ、また、参列者たちも明るい気持ちで葬儀に参加できるそうです。

ただ、その他の葬儀の流れ、特徴に関しては、厳粛としたムードを重んじているため、以下のような葬儀の流れが今では一般的とされています。
例えば、イタリアの死亡に関する告知は、通知報告という形で行います。
通知報告の手順としては、故人の住んでいた地域に存在する、地域の案内掲示板のようなものを利用し、死去の報告が成されるようになっているのです。

このような仕組みになっているので、地域に住んでいる人は、そのような情報を目にして素早く動くことができるという利点があります。
例えば、お悔やみの言葉を伝える際も、このような方法であれば時間を無駄にすることがありません。
それと、お悔やみの際ですが香典を渡すという習慣もないので、お悔やみの言葉を伝える際に、なにかしらの金銭の受け渡しが発生する・・・ということもないのです。
ただ、近年ではお悔やみの言葉を伝える側が気を利かせて、弔い用の花を捧げるケースは存在します。

次に、イタリアの葬儀が行われる場所、葬儀内容についてですが、イタリアでは、教会で葬儀を行うのが一般的です。
それと、葬儀を行う際には棺に対して献花を行うのですが、この時の花は好きなものを捧げても良いことになっています。
そのため、葬儀を終えた後の棺内には、数種類の花が捧げられていることも珍しくありません。

そして、葬儀は神父が永遠の眠りをお祈りする形で、進行するようになっています。
また、教会の規模によるのですが、葬儀の際にはパイプオルガンによる演奏、もしくは賛美歌が流れる仕組みになっているので、葬儀そのものの時間はかなりかかります。
ただ、このような対応も故人、遺族のほうで希望されていない場合は、短時間、もしくはパイプオルガンによる演奏、賛美歌のどちらかをカットして、葬儀を継続するケースも存在するのです。

かなり安いイタリアの葬儀費用

イタリアの葬儀費用ですが、他の国の葬儀と比較すると、驚くほど安い費用で葬儀を行うことが可能となっています。

というのも、イタリアの葬儀は24時間、もしくは48時間以内で行われることが多く、基本的に短時間で葬儀が終わってしまうケースは珍しいです。
しかし、3000ユーロ以内(約40万円)の葬儀費用で葬儀にかかる費用を賄えるので、他の国の葬儀と比較するとかなり安いです。