死亡広告を出す、という習慣

アメリカの葬儀というと、キリスト教式の葬式ということで、日本のキリスト教のものと同じ・・・と思っている人もいますが、少し異なっているので完全に同じというわけではありません。
というのも、アメリカでは死亡広告を出すという習慣が存在するからです。

日本の場合、死亡広告の代わりに訃報を連絡し、関係者など多くの方に訃報に関する連絡を済ませることが多いです。
電話やファクシミリなどがあまり普及していない時代は、新聞による死亡広告が当たり前のこともありました。
けれど、現代では社葬といった大規模なものでない限り、ほとんど存在していない状況となっています。

アメリカでは死亡広告を訃報という形で受けた場合も、日本とは違った対応を取ることが多いです。
アメリカの場合、訃報の連絡を受けてから追悼メッセージを記したカードを送るのです。

日本でいう通夜は、アメリカではViewing(ビューイング)と呼ばれています。
これは葬儀場で行われるもので、故人に別れを告げる、そして遺族とも話をする・・・という内容になっているため、通夜に関しては、日本の葬儀とあまり違いがない内容となっているのです。

補足となりますが、アメリカの葬儀であっても、全てクリスチャン式のお祈りが必要というわけではありません。
そのため、親しい間柄ではない人物が葬儀に出る際は、Viewingのみ参加し、他の対応を一切行わないというケースも珍しくないのです。

葬儀(ミサ)に関しては、Viewingを終えた翌日に葬儀場、もしくは教会で行われます。
ここでは、神父、牧師の聖書に基づいた話を聞くのがメインとなります。
また、アメリカの葬儀では参列者で聖歌斉唱を行う流れが存在するのです。
このような葬儀こそ、他の国では見られないアメリカの葬儀だけの特徴と言えます。

そして、Viewing、葬儀(ミサ)が終了した後に埋葬を行います。
実を言うと、埋葬に関しては死亡広告に注意書きがなかった場合に限り、参列者の参加も許可されるという仕組みになっているのです。
他にも、棺を運び出す際はリムジンカーを使用し、車を先導する役目としたパトカーが、先導を行ってくれるという特徴もあります。
このような特徴的な葬儀をアメリカでは行っているのですが、会食に関しては、行っている葬儀と行っていない葬儀に分かれるという特徴もあります。

料金の相場は存在しない?

アメリカの葬儀の料金ですが、日本のような相場が存在しません。
そのため、低価格で済ませてしまうことも可能ですし、葬儀においてさまざまなオプションを入れて高い料金で葬儀を行う人もいます。
近年では、葬儀の自由化が進んでいるため、アメリカでも葬儀によって大きな料金のバラつきが見られる状況となっているのです。