故人や先祖を供養する場所

お墓は亡くなった方や先祖様を供養する大切なところで、お墓は祈り捧げるための重要な場所でもあり、何かあったらお話を聞いてもらうための拠り所にしている人も多いです。
様々な意味を持つお墓は日頃から継続的にお墓参りをしなければいけません。
定期的にお墓参りをして先祖や故人を供養することは、自分を大切にしてくれた人へ感謝の言葉を伝えることにもなります。

昔はお墓参りが生活の一部にもなっていましたが、最近ではお墓参りが遠のいてしまっている人が多いです。
しかし春と秋のお彼岸の時期、そしてお盆、故人の命日、お正月、年忌法要などのときだけでも必ずお墓参りはしておかなければいけません。
故人だからもう関係ないという気持ちを捨てて人生の節目節目の報告を小まめにして一緒に喜びを分かち合いご先祖様を大切にする気持ちが重要なのです。

基本的な作法

お墓参りをする際に一番重要な作法は「故人やご先祖様に感謝の気持ちを伝える」ことが一番大切な作法です。
故人や先祖様に感謝の気持ちを伝えて手を合わせるということが一番大切な作法だということに気付いていない人も多いです。
お墓参りをする際の服装は特に決められていませんが、あまり派手な服装は避けるようにしましょう。

シンプルなよそ行きの服装でしっかり身支度をすれば問題ありません。
基本的な作法は「故人やご先祖様に感謝の気持ちを伝える」ことが一番大切なことなので、これは絶対に忘れてはいけません。

持ち物

お墓参りのときの持ち物は生花、ろうそく、線香、お菓子、飲み物などを用意しましょう。
また長い期間お墓に行っていない場合は掃除用具なども持ち物リストに入れておきましょう。

その他に必要なものはひしゃく、手桶、ゴミ袋などを準備しましょう。
大規模な霊園や寺院に行けばレンタルで様々な用具を販売していたりレンタルしてくれるところもあります。

合掌までの作法と流れ

お墓周辺の清掃が済んだらお菓子や飲み物をお供えして、線香を点火して香炉に立てるようにしましょう。
線香の火は口で吹いて消すのはマナー違反となります。
線香やろうそくの火を消す場合は手であおいで消すのが失礼の無い作法と言えます。

墓石にたっぷりと水をかけて正面に向かって合掌をするようにしましょう。
故人やご先祖様へ感謝の気持ちを忘れずに冥福を祈るのが正しい祈り方の作法になります。

お墓参りの場合ただ冥福を祈るだけではなくて、日頃の近況報告もしましょう。
嬉しいことも楽しいことも悲しいことも全て報告しみんなで分かち合うことが大切です。

このように基本的な作法はありますが、祈りと感謝の気持ちを忘れなければ、自由な形式の中でお墓参りをすることができます。

一般的な法要

お墓参りと関連して覚えておきたいのが、初七日や四十九日、一周忌、三回忌といった忌日法要の存在と意味です。
四十九日まではともかく、一周忌や三回忌はそれに合わせてお墓参りをすることも多いので、頭に入れておいたほうが良いでしょう。

まず、仏教説話によると亡くなられてすぐから故人は黄泉路を歩き、三途の川に到達すると言われます。
それにかかる期間が七日間であるとされ、その三途の川を渡りやすいようにと法要を行うのが「初七日法要」となります。
とは言え、現在はこの初七日を告別式と同日、火葬後すぐに行うことが多くなっています。
この後、7日ごとに順番に閻魔大王の裁きを受け、地獄や極楽、転生などの処遇が決まっていくとされています。
これを「二七日」「三七日」「四七日」「五七日」「六七日」として、法要を行いますが、現在では省略されることが多く、行われたとしても遺族と僧侶のみの簡素な法要であることがほとんどです。
そして、「七七日」に当たる「四十九日」にて故人の行先は完全に決まるとされ、一応の区切りとなります。
四十九日も大体は遺族・親族のみの簡素な式であるのが普通です。
この四十九日法要をもって「忌明け」とされ、食事会などが催されるのが伝統的な法要です。

一周忌と三回忌

続いて区切りとなるのが「百か日」となりますが、これは遺族側の区切りの日であり、法要は行わないことも多いようです。
更に時間が経過して、命日より一年が経つと「一周忌」が行われます。
意義としてはやはり故人の後生善処を祈る法要ですが、実際のところは遺族や親族、知人が集って故人を偲ぶという側面が強いと言えます。
亡くなった直後の葬儀ではドタバタしていて十分に故人を偲ぶことが難しかった場合でも、一周忌法要であれば、時間や気持ちにも余裕が出ていますので、故人を偲んだり気持ちを整理したりという事が大いに期待できます。

さらに、命日より3年目には「三回忌」が行われるのが一般的です。
こちらも意義としては故人の冥福を祈る法要なのですが、やはり遺族・親族のための会合という性質がかなり強くなります。
また、これら年忌法要のタイミングではまず確実に遺骨は墓地に収められていますので、大体はお墓参りも兼ねて行われることになります。
さらにこの後行われる「七回忌」や「十三回忌」は日本独自の風習であり、地方によってはそもそも存在しない場合もあります。
いずれにしても、このあたりの法要になりますと、お墓参りがメインになるといっても過言ではなくなります。

(参考サイト)
法事・法要・四十九日がよくわかる
年忌 Wiki

お盆のお墓参り

お墓参りというのは別に決まった時期だけではなく、思いついた時にいつでも訪れて構わないものです。
特に自宅の近くに霊園・墓園がある場合は、週末ごとにお墓参りをしても構わないわけです。
ただ、自宅から多少離れている場合や、故郷にお墓があるような場合は、多くても年に数回のお墓参りが限度でしょう。
お墓参りの時期として選ばれるのが多いのがまず、「お盆」でしょう。
お盆はもともと仏教の初期に生まれた風習で、お釈迦さんの弟子の一人がすでに亡くなっていたお母さんが、地獄に落ちていることを知ってお釈迦さんに相談したところ、現在のお盆の供養の原型になるやり方を教えられたそうです。
それ以来、身内の故人の冥福を祈る時期としてお盆が定着しました。

お墓参りする時期

お盆のタイミングでは諸精霊追善回向を祈る法要をすると同時に、お墓参りもするのが普通です。
実際、日本ではこのお盆の時期は「お盆休み」としてまとまった休みが取られていることが多くなっています。
このタイミングで、故郷への帰省やお墓参りを兼ねて行うのは、毎年の風物詩とも言えます。
おそらく墓参りとしては最も多いタイミングでしょう。
ただ、この時期は墓園や霊園も混みあう事が予想されますので、時間を適度にずらすなどの工夫が必要でもあります。

次に多いのが、春・秋の彼岸でしょう。
いわゆる春分の日・秋分の日にあわせて取られる法要が「彼岸会」であり、本来は春分・秋分の日を含めた3日間行われるものです。
この彼岸の日がなぜ法要やお墓参りに日になったのかについて明確にはわかっていないのですが、日本ではぼた餅やおはぎなどを供えて法要を行い、お墓参りをする日として定着しています。

現代では春分の日、秋分の日は祝日となっており、土日と連続して連休になることが多いので、このタイミングでも帰省しての墓参りというのが多く見かけられます。
ただ、お盆ほどは長期休暇になりませんし、お盆に墓参りしたので彼岸は行かないというパターンも多く、お盆ほどは墓園・霊園が混雑せず、気候的にも過ごしやすいため、都合が付けばお墓参りには最適なタイミングと言えます。

この他お墓参りのタイミングとしてありうるのは、年末年始というところでしょうか。
このタイミングは特に宗教的な意味はなく、単純に実家などに帰省しているついでにということが多いようです。
まとまった休みが取れるため、他のタイミングでの墓参が難しい場合に、この年末年始のお墓参りをすることが考えられます。